1. データの種類
-1.1 クロスセクション・データ
-1.2 パネル・データ

2. パネル・データを使った回帰分析
-2.1 個体間と時期の違いを考慮しない場合
-2.2 個体間と時期の違いを考慮する場合

1. データの種類

データは大きく次の様に分類できる。

  1. クロスセクション・データ(横断面データ)

  2. 時系列データ
    ・一つの対象についての時間を通じた変化を記録したデータ
    ・マクロ経済についての集計データの分析などでよく使われる
    例)都道府県人口(2000-2016)  

  3. パネル・データ
    ・クロスセクション・データと時系列データのハイブリッド版

  4. コホート・データ・・・同じ生年でカテゴリー化したデータ(単年度のみ)

  5. プールド・データ・・・複数年のクロス・セクションデータを調査度年の区別なくプールして使うデータ

ここではとりわけ政治学で使われることが多い「クロス・セクションデータ」と「パネル・データ」について取り扱う。

1.1 クロスセクション・データ

例)2015年度の早稲田大学の学部別志願者数、受験者数、合格者数

1.2 パネル・データ

例)2013-2015年の早稲田大学の学部別受験者数と合格者数

2. パネル・データを使った回帰分析

2.1 個体間と時期の違いを考慮しない場合

データ

パネル・データの一例

与党支持率と震災(架空データ)