1. 因果関係と相関関係
-1.1. 因果関係と相関関係
-1.2. 因果関係の三条件
-1.3.トリートメントとコントロール
-1.4. 横断研究と縦断研究
-1.5. 交絡因子
-1.6. 選挙費用と投票率における交絡因子

2. 観察研究における政策効果
- 2.1 スタバの最低賃金と失業率
- 2.2 経済学理論の検証
- 2.3 バイアスの種類

3. 交絡因子バイアスと対処法
-3.1. 細分類 (subclassification)
-3.2. 偽実験計画 (before-and-after design)
-3.3. 差分の差分分析 (difference-in-differences design)

4. References

1. 因果関係と相関関係

1.1. 因果関係と相関関係

・相関関係があるからといって、必ずしも因果関係があるとは限らない。

三つのケース

(1) 疑似相関 (spurious correlation)

・「選挙区ごとに候補者が費やした選挙費用合計」と「選挙区ごとの投票率」の関係を考える。
・「選挙費用」を X 軸、「投票率」を Y 軸として散布図で表してみる

・両者の間には「正の相関関係」が認められる。
・この結果から、次のように結論づけられるか?

・試しに、選挙区ごとの「接戦度」ごとに散布図を描き直してみると・・・

・選挙区の接戦度別に見ると、二つの変数間の正の相関関係は消えている。
・一見、因果関係がありそうに見えるが、見方を変えると(=第三の変数を考慮すると)因果関係が消えてしまう関係・・・疑似相関

結論:二変数の関係を考える際、第三の変数の可能性を考える!

(2) 偶然の相関

・ハーバード大学ロースクールの学生が、世の中に溢れている二変数間の「相関関係」を紹介。
・その中の一つ・・・メーン州での「1000人あたりの離婚率」と「一人あたりマーガリン消費量」(相関係数 = 0.989)。