松橋崇史 拓殖大学商学部准教授

茨城県牛久市出身。2004年慶應義塾大学総合政策学部卒業。大学時代は体育会野球部に所属し、4年次は選手兼新人監督。 2011年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。博士(政策・メディア)。 東京工科大学メディア学部助教を経て、2016年より現職。 他に慶應義塾大学SFC研究所上席所員、一般社団法人スポーツによる地方創生推進会議代表理事。
専門は、スポーツマネジメント、スポーツ政策、ソーシャルイノベーション。
主な業績に、2005年慶應義塾大学:慶應義塾大学奨励賞、2008年スポーツ産業学会:学会賞、2013年日本体育・スポーツ経営学会:奨励賞。主な著書に、スポーツのちからー地域を変えるソーシャルイノベーションの実践ー(共著)。

about

研究では、全国各地の特徴的な事例を対象としたフィールドワーク調査を行いながら、そこで得られた仮説を起点に、定期的に、 全国の自治体やスポーツクラブを対象にした質問紙調査を実施するなどしています。 研究論文につながる調査と共に、実践研究や実践活動にも積極的に取り組んでいます(研究はこちらを参照)。 近年の実践フィールドは、新潟県の三条市が立地する県央地域が中心となっています。 パラスポーツの用具開発ニーズと三条市のものづくり技術を融合して、パラスポーツを支える国産用具を開発しようとするプロジェクトや 大学野球の育成世代を対象にした大学野球サマーリーグの開催もその1つの成果です。

about

拓殖大学商学部では、経営学総論、スポーツ経営論、スポーツマネジメント(経営特殊講義として開講)、ゼミなどを担当しています。 夏には地域の課題解決型の調査合宿を行っています。2016年夏には、新潟県三条市下田地区において、ゼミ生とともに 地域の未利用資源調査を実施し、政策提言の基礎情報を収集し、報告しました。